About
コスモ・バイオについて

コスモ・バイオは「ライフサイエンス研究を支援する商社」です

コスモ・バイオは、製薬会社や大学・公的研究機関等が基礎研究を行う上で必要とする試薬・機器・臨床検査薬の販売を行う、ライフサイエンス分野に特化した商社です。私たちコスモ・バイオは、ライフサイエンス研究に関わる多くの研究者にとっての信頼できるパートナーであることを心がけ、事業を拡大していきます。

会社概要

商号 コスモ・バイオ株式会社
代表者 代表取締役社長 : 櫻井 治久
本社所在地 〒135-0016
東京都江東区東陽2-2-20 東陽駅前ビル
Tel:03-5632-9600(代表) Fax:03-5632-9613
設立
資本金 918百万円
事業内容 ライフサイエンスに関する研究用試薬、機器、臨床検査薬の仕入れ(一部自社製造)及び国内・海外販売

沿革

1983年 コスモ石油(当時は丸善石油)の100%子会社として誕生
2000年 MBO(マネージメントバイアウト)によってコスモ石油から独立
2005年 ジャスダック市場に上場
2006年 (株)プライマリーセルを子会社化(その後2013年に吸収合併(現札幌事業部))し初代培養細胞をはじめとした試薬製造事業を開始
2015年〜2016年 鶏卵バイオリアクター事業やペプチド合成・抗体作製事業を開始
2017年 3か所にあった製造拠点を1か所に集約

コスモ・バイオは1983年に研究用試薬の輸入商社として事業を開始し、試薬・機器・臨床検査薬を扱ってきました。2006年からは自社開発による試薬・機器の製造・販売や受託サービスの提供にも取り組み、メーカー機能も併せ持つ商社として研究者のご要望に寄り添える企業を目指しています。

ライフサイエンス研究とは

ライフサイエンス研究

ピンチアウトで全体を御覧いただけます。

ライフサイエンス(生命科学)という名前からは医療分野が中心というイメージを持たれがちですが、その他にも食糧や環境・エネルギー、美容・健康や犯罪捜査など、身近で大切な技術として私たちの生活を支え、同時に経済や社会の発展にも大きく役立っています。

基礎研究とは(研究ステップ)

ライフサイエンスの技術が実用化されるまでにとても長い年月がかかっています。
コスモ・バイオは、その研究の第一歩である「基礎研究」を行う研究者向けに、研究用試薬や機器を販売しています。

コスモ・バイオが支援しているのはココ!!

ピンチアウトで全体を御覧いただけます。